雪の光 (Yuki no Hikari) [福原美穂]

空がためいきこぼすように
ベッドの隅で震える電話
忘れようとした番号が呼ぶ
胸が潰れそう
分かれてからずっと
焦がれてた声聞こえてくる

ああ~ 好きだったんだ
やっと気づいたよ
変わらない音色で
「元気だった?」と言ってくれたね
嬉しかったよ

一つポケット二人の手
暖かいのは永遠じゃないんだね
冷たい空の下一人きり
君の手探してる
悴んだ指と同じように心まで震えて

ああ~ ごめんね
ずっと気づけなかったんだ
隣にいてくれることに甘えて見失ってた
君に会いたい

言葉だけじゃ 足りない安心が欲しかった
泣いて見たり 叫んでみたり
何度も迷子になって

ああ~ 好きだったんだ
やっと気づいたよ
君の住む町に雪降る前に
今度は私が会いに行くね
sora ga tameiki kobosu youni
BE-DO no sumi de furueru denwa
wasureyou to shita bangou ga yobu
mune ga tsubure sou
wakarete kara zutto
kogareteta koe kikoete kuru

aa~ suki dattan da
yatto kidzuita yo
kawaranai neiro de
'genki datta?' to itte kureta ne
ureshikatta yo

hitotsu POKE-TO futari no te
atatakai no wa eien ja nai n dane
tsumetai sora no shita hitori kiri
kimi no te sagashiteru
kajikan da yubi to onaji youni kokoro made furuete

aa~ gomen ne
zutto kidzuke nakattan da
tonari ni ite kureru koto ni amaete miushinatteta
kimi ni aitai

kotoba dake ja tarinai anshin ga hoshikatta
naite mitari sakende mitari
nando mo maigo ni natte

aa~ suki dattan da
yatto kidzuita yo
kimi no sumu machi ni yuki furu mae ni
kondo wa watashi ga ai ni iku ne